パソコンが主流だった頃は、デスクトップPCとノートPCの2種が「パソコン」と言われるものでした。
ところが、近年ではタブレットPCが普及し、パソコンの概念も大きく変化しています。

そんな中、「スティックPC」という新しいジャンルのパソコンが登場していることをご存知でしょうか。
一昔前までパソコンは非常に高価な家電でしたが、現在は特別高性能を求めなければ3万円〜5万円ほどで入手できるようになりました。
それでもわざわざパソコンに大金を出したくないという方には、スティックPCがお薦めです。

スティックPCは大きめのUSBフラッシュメモリーのような形をしていて、超小型軽量が特徴です。
つまり、USBメモリーを持ち歩く感覚でパソコンを持ち歩けるわけです。
さらに、価格は1万円〜2万円程度ととても安価です。

当然ながら注意すべき点もあります。
形状からもわかるように、キーボード・マウス・ディスプレイはついていません。
そして、拡張性がほぼ無い代わりに、無線LANやBluetoothは搭載しています。

スティックPCの性能は今後高くなるかもしれませんが、現段階で高度な処理を要求する方には向いていません。
手軽にパソコンを使いたい、持ち歩きたい、置き場所にこまらないパソコンがほしい方には、とても良い製品だと思います。エピレ web予約