朝日新聞の審査で、今年の新卒就職を繰り返すことを検討している箇所が3割にわたることが連絡されました。
こういう審査成行を聞いて「若者の転職が生まれる」「若者の身の回りが安定する」というセンスを抱きつくパーソンもいるでしょう。
しかし、それはセンスが生ぬるいとしか言えません。
必ずや新卒就職を繰り返すことは若者の転職を一時的に繰り返すことになりますが、その転職が安定していなければ意味がありません。
そして、現在は新卒就職のティーンエイジャーを箇所が10年頃後々、20年頃後々まで転職できるかは思い付か現代となっています。
実際、大手最大手でも当たり前のように解雇を始める現代ですから、将来的には「新卒で入って40値段で解雇」はめずらしくなくなるでしょう。
このように考えると、新卒就職を繰り返すことは単純に将来の解雇要員を増やしておるだけのように思えます。
実際大事なのは新卒就職を増やすことではなく、退職まで安心して頑張れるユーザーを繰り返すことにあるのではないでしょうか。
新卒就職を仮に増やしても、その先がなければ何の意味もないのです。
新卒就職のその先を見据えた箇所の試験を予測したいものです。ミュゼ 背中